ガジェット

α6100とEOS Kiss M徹底比較!買うならどっち?【エントリーモデルミラーレス】

α5100 vs EOS Kiss M

1年ほど前(2018年9月)に、SONY α5100かCanon EOS Kiss Mのどちらを買おうか、とっても悩んでいる!という記事を書きました。

SONY α5100かCanon EOS kiss Mか、エントリーモデルのミラーレス一眼をまとめました (追記注:2019年10月にα5100の後継機である、α6100がSONYから発売されます!!!その前の記事です) SONY α...

この記事はとても反響があり、一年経った今でもたくさんのアクセスを頂いています。

SONY α5100は2014年の発売であり、上記の記事を書いた2018年当時でも多少旧機種感がありました。

悩んだ挙げ句結局私は、最新機種であるEOS Kiss Mの方を購入しました。

しかし!それから1年後、ついにα5100の後継機であるα6100が発表されました!!!

しおりんぐ
しおりんぐ
というわけで、この記事では改めてSONY α6100とCanon EOS Kiss Mの徹底比較をします!

ちなみに、α6100に半年以上先行して発売されていたα6400とEOS Kiss Mとの比較記事はこちらです!

初心者向けミラーレスCanon EOS Kiss MとSONY α6400徹底比較!買うならどっち? 大人気のミラーレスカメラCanon EOS Kiss MとSONY α6400! どちらもとても売れています! α...

α6100とEOS Kiss Mの特徴は?

α6100もEOS Kiss MもAPS-Cサイズのセンサーを搭載した、小型軽量なミラーレス一眼カメラです!

どちらもエントリーモデルで初心者にも使いやすく、さらに自撮りにも対応しているのがこの2機種の特徴です!

2機種ともエントリーモデルで初心者にとても使いやすいのはもちろんですが、上級者もサブ機として使用するぐらいの実力派のカメラです!

APS-Cとは、センサーサイズの大きさの規格です!

センサーサイズはフルサイズやAPS-C、マイクロフォーサーズなど色々規格があります。

センサーサイズが大きいほど背景のボケ量が多くなったり、高画質にしやすかったり色々メリットがあります。一方でセンサーサイズが大きいほどカメラも大きくなります。

フルサイズセンサーは各社高級ラインとしてラインナップしていますが、APS-Cはそれに次ぐ大きさのセンサーです。

APS-Cはしっかり高画質で写真が撮れて、背景もちゃんとボケるけど、フルサイズほど重くて大きない!

そんな特徴を持ったセンサーです。

そしてもちろん、どちらの機種も背面液晶を前面に向けることができます!

EOS Kiss M
Canon公式サイトより。EOS Kiss Mは液晶を自由に動かせる。

SONY公式サイトより引用。α6100は背面液晶を180度上に回転可能

去年α5100とEOS Kiss Mの比較記事を書いたときは、自撮り可能なミラーレスカメラが少なくα5100とEOS Kiss Mぐらいしか選択肢がありませんでした

ただ、今年発表されたα6400もさらに最上位機種のα6600も背面液晶が180°回転するようになりました。

しおりんぐ
しおりんぐ
この1年で一気に自撮りできるカメラが増えてきた印象です

旅行で写真撮ろうと思っている人は絶対に、背面液晶が前を向いて自撮りできるか確認したほうが良いと思います!

α6100とEOS Kiss Mの発売日と価格は?

EOS Kiss Mとα6100の発売日はそれぞれ以下の通りです。

  • EOS Kiss M:2018年3月
  • α6100:2019年10月25日発売予定

α6100の前の機種のα5100が2014年発売なので、実に5年ぶりのリニューアルですね!!

EOS Kiss Mの方は発売後1年半経ちますが、まだまだ現役バリバリです。

しおりんぐ
しおりんぐ
後継機であるEOS Kiss M Mark2は2020年頃出るのかなぁ

それぞれの価格は以下の通り

  • EOS Kiss M ボディのみ:63,800円
  • α6100 ボディのみ:89,900円

価格は発売後1年以上経っているEOS Kiss Mは価格が下がってきており、かなりお得感が出ていますね!

α6100は、現時点(2019年9月)で未発売ですがソニーストアの価格です!

しおりんぐ
しおりんぐ
α6100は発売後はこの価格より安くなりそう・・!

じゃないと、更に上位機種のα6400とほとんど値段変わらないぐらいになっちゃうしね

EOS Kiss Mとα6100のデザインやサイズ・重さは?

以下の写真を見てもわかる通り、α6100とEOS Kiss Mは大きくデザインが異なります。

一番大きく異なる点は、ファインダーの場所です。

Kiss M α6100

α6100の方は、すっきりと四角い形の中にファインダーが収まっており、パット見た感じはコンパクトデジカメっぽいですね。

一方EOS Kiss Mは中央にファインダーが突起していて、一眼レフって感じの見た目です。

どちらが良いとかはないですが、好みになります。

しおりんぐ
しおりんぐ
私は、EOS Kiss Mのデザインのほうが好きかなぁ・・・

デジタルカメラにファインダーは必要?

背面に液晶あるから、ファインダー除く必要ないじゃんと思いません?私もミラーレスカメラ買うまではファインダーなんて必要ないんじゃないかなぁって思ってました。

でも実際ファインダーを覗いて写真を撮ることで、とても画作りが安定します。

ファインダーを通した情報以外が遮断されるので画作りに集中できることや、物理的にカメラが安定するなどの理由があります。

ミラーレスカメラ買うまではファインダーの位置などは気にしませんででしたが、今後新しいカメラを購入するときはファインダーの使いやすさも気になります。

α6100とEOS Kiss Mのサイズと重量は以下の表の通りです。

  α6100 EOS Kiss M
重量 352g 351g
サイズ

120.0×66.9×59.4mm

116.3×88.1×58.7mm

カラーバリエーション ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト

サイズやカラーバリエーションはほぼ同じです!

どちらもとてもコンパクトで軽くて持ち運びやすいサイズです。

EOS Kiss Mのほうがファインダーが突起していて分高さがあり、大きく感じると思います。α6100のほうが、かばんへの収まりは良さそうです。

とはいえ、どちらを買っても、どちらともとても軽く小型で、非常に機動性に優れていると思います!

α6100とEOS Kiss Mの写真撮影性能は?

それぞれのカタログスペックは以下の通りです。

  α6100 EOS Kiss M
有効画素数 約2,420万画素 約2,400万画素
ISO感度 100~32,000 100~25,600
シャッター速度 1/4000~30秒 1/4000~30秒
連続撮影速度 11枚/秒 10枚/秒

カメラの写真撮影スペックについては、ほぼ互角です!

α6100のほうが1秒間の連続撮影速度が1枚多いのと、ISO感度がEOS Kiss Mより高感度も対応しています。

しおりんぐ
しおりんぐ
α6100のほうが、1年半後発なので細かいスペックは高そうです

とはいえ、それほどスペックに大きな差はなさそうです。

画質は、どちらも間違いなくきれいに撮れます。

公式サイトから、撮影例を引用いたします。

α6100 写真例
SONY公式サイトより引用。α6100撮影例
EOS Kiss M 撮影例
Canon公式サイトより。EOS Kiss M撮影例

どちらもきれいに撮れていますよね!!

α6100は、暗い中でもしっかり背景がボケてピントも合っている写真が撮れていて、スペックの高さを感じます。

EOS Kiss Mも柔らかな、そして明るい画作りがされておりとてもきれいです。

写真の出来栄えは個人の好みがあると思いますので、自分が好きな写真が撮れるのはどちらか、公式サイトの撮影例なんかを見て参考にしてください!

EOS Kiss Mとα6100のAF性能は?

α6100に先行して発売している、α6400のAF(オートフォーカス)の速度が尋常じゃないぐらい早いです。EOS Kiss Mを圧倒しています。

ただ、α6400に対してα6100のAFがどの程度早いかは現時点では不明です。

公式サイトの以下の表記を見ると、世界最速AFと謳っているα6400に対して、α6100は単に高速とか書かれていません。

α6100 AF

しおりんぐ
しおりんぐ
もしかしたら、α6100はα6400よりAF速度遅いかも?

高級ラインと差別化するためにわざと、AFの性能落としているかも

とはいえ、現時点ではまだα6100が未発売なので正確なことは不明です。

実物が店頭などに並び始めたら、AF速度チェックしたいと思います!

ただ、EOS Kiss Mも決してAF性能が悪いわけではありません。

しっかり高速でピント合わせてくれますし、瞳フォーカスももちろん搭載されています。

しおりんぐ
しおりんぐ
でもAF性能は、CanonよりSONYのほうが技術が優れている感じしますね!

とはいえ、EOS Kiss Mは基本スペックの高さではなく、使いやすさをウリにしたカメラです。

公式サイトを見ても、α6100はAF性能の高さなどスペックの高さをアピールしているのに対し、EOS Kiss Mは使いやすさをアピールしています。

α6100 特徴
α6100公式サイトより
EOS Kiss M公式サイトより
EOS Kiss M公式サイトより

カメラ好き・ガジェット好きでスペックの高さや拡張性を求める人はα6100

お母さんなど、かんたん設定でオートにかんたんに写真を撮りたい人はEOS Kiss Mって感じですね!

しおりんぐ
しおりんぐ
個人的にですが、カメラのデザインもEOS Kiss Mのほうがおしゃれに感じます。

EOS Kiss M 1年使った徹底レビュー。どこへでも気軽に持っていける最高のカメラだ。 去年の9月にEOS Kiss Mを購入してあっという間に1年間経ちました。 この1年EOS Kiss Mと一緒にいろいろ...

EOS Kiss Mとα6100の動画性能は?

それぞれの動画性能のカタログスペックは以下のとおりです。

  α6100 EOS Kiss M
記録サイズとFPS 4K/30P, Full HD/120P 4K/24P, Full HD/60P
AF 瞳AF 非対応 顔+追尾優先AF
連続撮影時間 制限なし 29分59秒

フレームレートはα6100が4KやFull HDでも高いフレームレートで撮影できて優位です!

フレームレートとは、1秒間に何枚の画像で動画を構成しているかということです。

120Pなら1秒間に120枚の画像で動画を構成しています。

つまり、フレームレートが高いほどなめらかでヌルヌルの動画になるけど容量も重くなります!

基本的に動画性能はα6100のほうが良さそうな気がしますが・・・

なんとα6100は、上位機種に搭載されている動画撮影時のリアルタイム瞳AFが対応していないのです。

発売前ということもあり、公式サイトや色々な記事を見てもα6100の動画撮影時のAF性能がどの程度かはまだ詳しくわかりません。

しおりんぐ
しおりんぐ
瞳AFに対応していないのはわかりますが、どの程度顔認識してくれるんでしょうね・・・

とはいえ、α6100は明らかに上位機種よりも性能を落としています。

そうじゃないと、上位機種売れないしね。でもその分コスパがよくなっています。

一方でEOS Kiss MはCanonのAPS-Cラインでは最上位機種であり、発売当時の最高スペックです。

動画でも、動体追跡や顔認識して追従してAFでピントをあわせてくれます!

しおりんぐ
しおりんぐ
機能が高い上に、価格もかなり落ちてきているのでコスパ最高かも!

α6100とEOS Kiss Mのレンズマントについて

レンズ交換式のカメラを買ったら、やっぱり色々なレンズを試したい!と思いますよね。

でも、カメラレンズは基本的にカメラ本体が対応している規格のレンズしか装着できません。

超重要!

  • α6100はEマウント
  • EOS Kiss MはEF-Mマウント

EマウントはSONYのレンズ規格です。

Eマウントレンズ
▲SONY Eマウントレンズ

APS-C用からフルサイズまでラインナップされており、コスパの高いレンズから、フルサイズ用の超高級レンズまでバラエティに富んでいます。

そしてAPS-Cはなんと、フルサイズ用のレンズも装着できるのです!!!

つまり、α6100のレンズ選択肢はEマウントレンズすべてということです。

まずはα6100にフルサイズ用のレンズを装着して、そのうちフルサイズカメラのα7R4へステップアップというのもありですね!

一方でEF-Mは、CanonのAPS-Cミラーレスカメラ用のレンズ規格でラインナップはかなり少ないです。

EF-Mマウントレンズ
▲Canon EF-Mマウントレンズ

Canonからは7本のレンズしかラインナップされておらず、サードパーティ製のレンズが少ないのも現実です。

最近やっとカメラレンズメーカーのSIGMAからEF-Mマウントレンズが発表されたぐらいです。

EF-M SIGMA
SIGMAからEF-Mマウントの大口径単焦点レンズが出るぞ!気になる価格や画質は? EOS Kiss Mが絶好調のEOS Mシリーズ! EOS MシリーズはEF-Mマウントのレンズなのですが、ラインナップ...

ただマウントアダプターを使えばEFレンズというCanonの一眼レフカメラ用のレンズを使うことができます!(フルサイズ、APS-C用どちらも)

EFレンズはCanonの主力レンズ群で、そのラインナップはかなり豊富です!!

とはいえ、ミラーレスカメラ用に設計されたレンズではないのでマウントアダプターを介す必要があり、大きく・重くなってしまいます。

CanonからはフルサイズミラーレスのEOS RやEOS RPなどが発売されているのですが、それらのレンズマウントはRマウントという別規格でEOS Kiss Mには装着できません・・・

とはいえ、EF-MはCanonのAPS-Cラインのカメラ(EOS Mシリーズ)の専用設計で、全て小型・軽量で持ち運びしやすいのに、非常に高画質でかなり使いやすいレンズばかりです!!

α6100とEOS Kiss Mの比較まとめ

α6100がおすすめな人!

    最新機種の最新スペックで高画質な写真をバリバリ撮りたい人!
    将来フルサイズへのステップアップも考えてレンズを色々使いたい人!

EOS Kiss Mがおすすめな人!

    コスパ重視だけど、高性能できれいな写真を撮りたい人!
    オートモードでかんたんに素敵な写真を撮りたい人!
EOS Kiss M 1年使った徹底レビュー。どこへでも気軽に持っていける最高のカメラだ。 去年の9月にEOS Kiss Mを購入してあっという間に1年間経ちました。 この1年EOS Kiss Mと一緒にいろいろ...
ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA