ガジェット

【徹底比較】SONY WF-1000XM4とApple AirPods Pro 買うならどっち?!

ノイズキャンセリング機能を搭載した大人気完全ワイヤレスイヤホン!

SONY WF-1000XM4

Apple AirPods Pro

どちらも超人気のワイヤレスイヤホンで、どちらも超売れています!

そんなSONYとAppleの完全ワイヤレスイヤホンですが、どちらを買えば良いか悩んでいる人も多いのでは?

そこでこの記事ではこの大人気ワイヤレスイヤホン2機種を実際に使ってみてわかったことを徹底比較していきます!

しおりんぐ

どちらを買っても絶対損はしません!

ご自身の使い方やニーズに合わせて最適なワイヤレスイヤホンを選んでください!

最初に結論を示します!!

AirPods Proが向いている人

ガジェットをApple製品で固めている人!

安定した操作・接続で音楽鑑賞や電話、ウェブ会議など幅広く使いたい人!

WF-1000XM4が向いている人

とにかく音質重視で音楽に没頭したい人!

超強力なノイズキャンセリングで作業集中したい人!

それでは徹底比較して行きます!

WF-1000XM4とAirPods Proの詳しいレビューは以下の記事をチェック!

SONY WF-1000XM4レビュー!史上最強のワイヤレスイヤホンだ!! ワイヤレスイヤホン世の中たくさん出ていますよね。安いものから高いものまで。 それらたくさんのワイヤレスイヤホンを過去のも...
AirPods Proレビュー!!テレワークにも最適!! ついにAirPods Pro買ったー!!! SonyのWF-1000XM3持っているのに、AirPods Pro買っちゃ...
しおりんぐ

WF-1000XM4の1世代前、WF-1000XM3とAirPods Proとの比較は以下の記事も参考にしてください!

【徹底比較】Apple AirPods ProとSony WF-1000XM3買うならどっち?! ノイズキャンセリング機能を搭載した大人気完全ワイヤレスイヤホン! ・SONY WF-1000XM3 ・Apple ...

WF-1000XM4とAirPods Proを各項目ごとに比較!

サイズ・重さ・装着感

▲左がWF-1000XM4、右がAirPodsPro

正面はほぼ同じ大きさですが、WF-1000XM4の方がAirPodsProより細長い形状です。

ケースの大きさは厚さは、WF-1000XM4の方が厚いです。

しおりんぐ

ポケットや鞄にはWF-1000XM4の方が細長い分入れやすく感じます

薄いAirPodsProの方がカバンの中での収まりは良い気がします。

どちらもそれほど大きくなく、持ち運びやすいです!

イヤホン含む本体の重さはAirPods Proの方がやや重いですが、ほとんど違いは感じません。

イヤホン片耳の重さは、WF-1000XM4が約7g以上で、AirPods Proは約5.5gです。

(装着するイヤーピースの大きさにもよります)

わずか1.5gですが、装着すると結構重さの差は感じます。

しおりんぐ

AirPods Proは軽くて装着しているのがあまり気になりませんが、WF-1000XM4は少しずっしりします。

スポーツや長時間装着する人はAirPods Proの方が向いているかもしれません。

またAirPodsProは一瞬で装着できますが、WF-1000XM4は耳にねじ込む感じで少し手間です。

サイズ・重さ・装着感

サイズ・重さ AirPods Pro = WF-1000XM4

装着感 AirPods Pro ≧ WF-1000XM4

音質

音質については個人の感想です。

人によって音質の感じ方は異なるので、あくまで参考としてお考えください

個人的には音質は圧倒的にWF-1000XM4の方が優れていると思います。

低音の響きや高音の抜け具合、そして音の解像感など、WF-1000XM4の方が明らかにAirPods Proより優れています!

またWF-1000XM4には専用アプリを用いることで、通常音源をハイレゾ音源のように高音質にする技術も搭載しています。

さらにWF-1000XM4はLDACという技術にも対応しており、ハイレゾ相当の高音質音源もBluetoothで聴くことができます!

しおりんぐ

iPhoneはLDAC対応していないけど、SONY製のAndroidなどは一部対応しています!

また、WF-1000XM4はアプリを使えばイコライザーを調整して自分好みの音に設定できることもできます。

しおりんぐ

もちろんAirPods Proも決して音質が悪いわけではありません!

音源をピュアに高音質に再生している印象です。

長時間聴いて疲れにくいのはAirPods Proの方かもしれません!

音質

WF-1000XM4>> AirPods Pro

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能は、AirPods ProもWF-1000XM4、どちらもとても強力です!

どちらも飛行機の中の騒音でも十分音楽を楽しめるぐらいのノイズキャンセリングが効いています!!

ただ、個人的にはWF-1000XM4の方がノイズキャンセリングが強いような気がします。

日々の通勤電車でいつもノイズキャンセリング貫通するぐらい、大きい音が出るポイントがあるのですが、WF-1000XM4の方が抑えられているような?

しおりんぐ

他の人のレビューを拝見すると、AirPods ProとWF-1000XM4ではそれほどノイズキャンセリングの強さは変わらないという意見も結構見ます!

あくまで、ノイズキャンセリングの強さについては個人的な意見です。

発売当時はAirPods Proのノイズキャンセリングはもっと強力だったけど、アップデートでノイズキャンセリングが弱くなったと噂も・・・

ノイズキャンセリング

WF-1000XM4≧AirPods Pro

外音取り込み機能

外音取り込み機能というのは、マイクが拾った外の音をイヤホンで再生してくれる機能です。

カナル型のイヤホンってノイズキャンセリングしなくても耳栓になり、ある程度外音を遮断します。

しおりんぐ

イヤホンつけながら、コンビニに入った時など外音取り込みにすればスムーズに店員と会話できたります。

また電話や、ウェブ会議など自分が話す時も外音取り込みをONにすることで、自分の話し声がしっかり聞こえ違和感がなくなります

外音取り込み機能は明らかにAirPods Proが優秀です。

AirPods Proの外音取り込みは、マジでイヤホンを装着していない時と変わらないレベルです。

WF-1000XM4は外音取り込みにすると、少しさーっというホワイトノイズが入りますし、取り込みの音量も小さい気がします。

あと外音取り込みモードで歩くと風切り音が気になります。。。

ただ、WF-1000XM4は周囲と音の取り込み方を自動調整したり、声を出すと自動的にノイズキャンセリングが解除されて外音取り込みになる技術も搭載されています。

しおりんぐ

AirPods Proは自分で操作しないといけないので、利便性でWF-1000XM4が良いかもしれません。

ただこの機能少し不安定で使いにくいかも?!ファームウェアアップデートで治るの希望です。

外音取り込み

AirPods Pro >WF-1000XM4

カスタム性

カスタム性は明らかにSONY WF-1000XM4が優秀です。

AirPods Proは長押しした時の挙動ぐらいしかカスタムできません。

▲AirPods Proの設定画面、基本的にこれ以外のカスタムはできない

一方WF-1000XM4は専用のアプリが用意されており、そのアプリから細かくカスタムすることが可能です。

安定性や音質のどちらを優先するかや、イコライザーで自分好みの音に調整したり、細かくカスタム可能です。

イヤホンをタップした時の操作も、自分の好みに設定できたり、カスタム性は非常に高いです。

カスタム性

WF-1000XM4>AirPods Pro

iPhoneユーザーから見た機器連携・接続安定性

しおりんぐ

私がiPhoneやMacなどApple製品を中心に使用していますので、そのユーザー視点での機器連携や安定性の感想です。

Androidユーザーはまた様子が違うかも?!

Apple製品との連携の良さは、当然ながらApple製品であるAirPods Proが優秀です。

AirPods Proに搭載されているApple独自のH1チップが、Apple製品との連携をスムーズにしてくれます。

AirPosdを開いた瞬間にiPhoneと接続してくれるし、iPhoneからMacやiPadへの切り替えも自動的に切り替えてくれます!

しおりんぐ

Apple製品同士の組み合わせの強みです。

まじで便利です!!

iPhoneとの接続安定性もやはりAirPods Proの方が高く、WF-1000XM4はたまに接続が切れることがあります。

またケースから取り出して自動的に接続されないこともあるし、タップ操作が効かない時もあります。

また、WF-1000XM4はノイズキャンセリング周りが不安定なのか勝手にノイキャンが解除されたりもあります。

しおりんぐ

これから、ファームウェアのアップデートでWF-1000XM4の安定性が向上すること期待です!!

機器連携・接続安定性

Apple機器連携 AirPods Pro>WF-1000XM4

接続安定性 AirPods Pro>WF-1000XM4

映像との遅延

映像との遅延はどちらもそれほど感じません。

AirPods ProでもWF-1000XM4でもYouTubeなどの動画見ても遅延はほとんどなく、快適に動画視聴可能です!

しおりんぐ

私は動画編集も行なっているのですが、どちらのイヤホンでも問題なく動画編集もできています!

最近はテレワークのウェブ会議も多いですが、どちらでも遅延なく会話できています!

とはいえ、ウェブ会議って時点で多少遅延はありますが・・・

映像との遅延

AirPods Pro = WF-1000XM4

充電端子

WF-1000XM4はUSB-Cでの充電です。

そりゃそうですよね、今の世の中USB-Cが普通です。ほとんどのガジェットがUSB-Cです。

MacやiPad ProですらUSB-Cです。

でもAirPods ProはLightning端子です!!

しおりんぐ

なんでなんだよぉ!

今時Lightningなんて使ってるのiPhoneだけだよ!!

と思っていたら、AirPods ProもLightning・・・・

一応Qi充電に対応しているので、家の中ではLightningケーブル使わなくても充電可能ですが。

(WF-1000XM4もQi充電対応しています!)

とは言え、お出かけ時や旅行の時はLightningケーブルを持っていく必要があるのがつらい。

しおりんぐ

iPhone充電用にもちろんLightningケーブル持っていくので兼用できますが、正直やめてほしい。

充電

WF-1000XM4>>AirPods Pro

WF-1000XM4とAirPods Pro、どちらを買う?

以上、色々な視点からWF-1000XM4とAirPods Proを比較してきましたが、それではどちらを買えばいいのでしょうか?

用途や、完全ワイヤレスイヤホンに求める機能を考えながら自分にあったイヤホンを選択しましょう!

音楽に没頭したいならWF-1000XM4

WF-1000XM4の特徴はその音質の良さ!!

WF-1000XM4に搭載されている、AIで通常音源もハイレゾ音源並みの音質を再現してくれるし、さらにLDACというハイレゾ相当の規格にも対応しています。

ノイズキャンセリングをONにすれば、通勤の電車の中でも出張の飛行機や新幹線の中でも好きな音楽に没頭できます。

また好きな音楽を楽しみながら作業に集中したい時にも大活躍します。

とにかく音質にこだわりたいなら間違いなくSONY WF-1000XM4!!

気軽に便利に使いたいならAirPods Pro

AirPods Proは気軽さと便利さが抜群です。

イヤホン本体が軽いので装着していることも忘れるぐらいですし、汗をかいても大丈夫!

外音取り込みも優秀ですので、散歩やランニング時にも大活躍します。

MacやiPadへの切り替えもスムーズでテレワークでのウェブ会議もスムーズです。

とにかく便利に使いたいならAirPods Pro!!

WF-1000XM4とAirPods Pro比較まとめ

Sony WF-1000XM4Apple Air Pod Pro
サイズ・重さ
装着感
音質
ノイズキャンセリング
外音取り込み
カスタム性
映像との遅延
充電端子

しおりんぐ

私は現時点では家や運動中はAirPods Pro、外出中はWF-1000XM4を使っています。

以上、WF-1000XM4とAirPodsの比較レビューでした。

この記事を参考に、あなたにとって最高の完全ワイヤレスイヤホンを見つけてくださいね!

関連記事もチェック!

SONY WF-1000XM4レビュー!史上最強のワイヤレスイヤホンだ!! ワイヤレスイヤホン世の中たくさん出ていますよね。安いものから高いものまで。 それらたくさんのワイヤレスイヤホンを過去のも...
AirPods Proレビュー!!テレワークにも最適!! ついにAirPods Pro買ったー!!! SonyのWF-1000XM3持っているのに、AirPods Pro買っちゃ...
【徹底比較】Apple AirPods ProとSony WF-1000XM3買うならどっち?! ノイズキャンセリング機能を搭載した大人気完全ワイヤレスイヤホン! ・SONY WF-1000XM3 ・Apple ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA