ガジェット

【TaoTronics SK027レビュー】ディスプレイの下に置けるおすすめのサウンドバー型スピーカー!

ディスプレイやモニター用のスピーカーをお探しの皆さん!

この記事にたどり着いたということは、サウンドバータイプのスピーカーも検討していますね?

私も4Kディスプレイでゲームをプレイするためにバータイプのスピーカー探していて、TaoTronicsのスピーカーに出会いました!!

手頃な値段ながら、クリアな音質、コンパクトですっきりとしたサイズなスピーカー、TaoTronics SK027をレビューしていきます!

しおりんぐ

TaoTronicsは高い品質ながらも手頃な価格なオーディオ製品を世に送り出すことで定評があるブランドです。

コスパが高く、愛用している人も多いです!

本記事はメーカー様から商品を提供いただいて、執筆しております。

TaoTronics サウンドバー 14W出力 TT-SK027
TaoTronics

私のディスプレイ・PC環境

しおりんぐ

TaoTronicsのスピーカー紹介の前に、私のデスク環境を紹介します。

興味ないよって方は、ここをクリックするとレビューまで飛べます!

普段MacBookProに外部ディスプレイを接続して、そのディスプレイをメインに作業などを行なっています。

私が使っているディスプレイはDellの4K27インチディスプレイで、非常に綺麗で繊細な描写も美しく大変満足しておりました。

Dell 2720QM
【U2720QMレビュー!】USB-Cケーブル1本でつながる!MacとDellの4Kディスプレイの組み合わせが快適すぎる 自宅でのリモートワークやブログ執筆、動画編集などを快適にしたいなぁと思い、ついに27インチ4Kディスプレイを購入しました! ...
しおりんぐ

この綺麗なディスプレイで、ゲーム(Nintendo Switch)もプレイしたい!

というわけで、最近はゲームもリビングのTVではなくMacの外部ディスプレイでプレイしておりました。

ただし、困ったことにDellの4Kディスプレイにはスピーカーが搭載されていない!

Dellだけでなく、いわゆる外部ディスプレイと呼ばれるモニターにはスピーカーが内蔵されていないことが多いです。

仕方なくイヤホンをつけてゲームしていたのですが、長時間のイヤホンがしんどい時もあり、スピーカーで音を聴きながらゲームしたい時もあります。

ということで、ディスプレイ用のコンパクトなスピーカーを探しておりました。

縁あって、TaoTronicsさんからディスプレイに有線で接続でき、コスパ最強でおしゃれなサウンドバーSK027の提供いただきましたので、実際に使用してみた感想をレビューしていきたいと思います!

しおりんぐ

外部ディスプレイにスピーカーを接続することで、Macの音もサウンドバーから出力することができました!

▼TaoTronics SK027により完成した、外部ディスプレイでのゲームプレイ環境。

まずは開封・外観のチェック!

前置きが長くなりましたが、TaoTronicsのサウンドバーSK027をレビューしていきましょう!

シンプルな外装に入って、届きました。これぐらいシンプルな方がゴミも少なくて嬉しいです。

同梱物は、スピーカー、AUXケーブル、電源ケーブル、説明書です。

説明書はしっかり日本語も書かれているので安心です。

スピーカーの上部にはボタン類が並んでいます。

左から、電源・音量大/小、再生一時停止、タイマー、ライト調整です。

しおりんぐ

タイマーボタンは一生使わない気がする。

背面は電源ケーブルの入力と、AUXのinとoutです。

しおりんぐ

PCやテレビ、ディスプレイのイヤホンなどを接続する端子と、スピーカーのAUX in端子を接続することで、音をスピーカーに送ることができます。

AUX outもついているので、SK027にイヤホンやヘッドホンを接続することも可能です。

ディスプレイの下に設置すると、良い感じに治ります。

場所を取らないので、机の上もスッキリです。

スピーカー下部はLEDが光るようになっており、最近人気のゲーミングデバイス感があります。

もちろんLEDは切ることもできますし、音楽に合わせて光らせたりなど、4種類の調整が可能です。

TaoTronics SK027の音質をチェック

スピーカーとして一番重要なのは音質です。

MacBookProの内蔵スピーカーと音質を比較してみましょう。

音質はあくまで個人の感じ方です。

音質は人により好き嫌いの差が大きいです。

また今回の比較はマイクを通じて録音しているので、マイクの性能なども影響します。

あくまで参考としてください。

個人的な感想としては、低音はかなりしっかりしており、重厚感はこの価格帯のスピーカーとしてはかなり感じられます。

一方高音の抜けという部分では少しこもって印象もありますが、十分及第点なのではないでしょうか。

しおりんぐ

約5,000円のスピーカーでこのクリアな音質はかなり評価高いです!

コスパは最高だと思います。

TaoTronics サウンドバー 14W出力 TT-SK027
TaoTronics

実際に使ってみてよかった点

音質がクリア!

実際に使ってよかったのは、音質の良さにびっくりしました。

約5,000円のスピーカーで、このクリアな音質はコスパ高すぎです。

コンパクトで収まりの良いサイズ

またコンパクトで、ディスプレイの下にピッタリな形状もよかった点です。

テレビやディスプレイを邪魔せず、設置できるのはグッドです!

有線接続もBluetooth接続もできる!

個人的に一番嬉しいのがこれ!

そもそものディスプレイ用の外部スピーカーとしての使用目的のためには有線接続は必須だったのですが、無線接続できるのも嬉しい。

iPhoneとの接続も簡単で、再生ボタンを長押ししてペアリングモードにしてiPhone側から接続するだけです。

しおりんぐ

Macやゲーム機だけでなく、スマホ用のスピーカーとして使えるのがとてもよかったです!

TaoTronics サウンドバー 14W出力 TT-SK027
TaoTronics

少し残念だった点

スピーカー全面に文字が表示されるのですが、基本的にはLINEかBTと映されています。

今音源が有線接続されているか、Bluetooth接続か表示されているだけで特に意味はありません。

時刻表示ができる雰囲気ですが、時刻表示はできません!!!

上部のタイマーボタンを押せば、時間がカウントアップされていくのですが、使う場面が思いつきません。

しおりんぐ

前面の表示は、消せるか時刻表示をできるようにしてほしかった・・・!

時刻表示できないのは、少し残念ですがスピーカーとしては重要でないので、問題なしです!

TaoTronics サウンドバー 14W出力 TT-SK027
TaoTronics

ゲーム機・Mac・ディスプレイのシステムが完成!

TaoTronics SK027を設置することで、無事外部ディスプレイで音を出しながらゲームをすることができるようになりました!!

このような形で、PCを起動せずともゲームをプレイすることができ、イヤホンも不要となりました。

また、普段テレワーク時はMacBookProからSpotifyで音楽を流しながら仕事していることが多いのですが、音楽もTaoTronics SK027から高音質で流すことができ、仕事が捗ります!

テレワークで効率よく家で仕事を続けるアイテム紹介!! もうテレワークがすっかり定着しましたたね。 私の会社もすでにテレワークへとなっており、1ヶ月の大半を家で過ごしながら業務...

TaoTronics SK027レビューまとめ

TaoTronics SK027について良い点・悪い点含めてレビューしてきました。

まとめると、コスパ最強のサウンドバー型スピーカーです!!

もちろんこのSK027の何倍も値段する数万円のスピーカーに比べると音質は劣るでしょう。

でも他の5,000円ぐらいのスピーカーと比較した場合は、十分高品質なスピーカーです!!

しおりんぐ

手軽に、デスク周りのオーディオ環境をアップグレードしたい人にはとてもおすすめのサウンドバー型スピーカー!

TaoTronics サウンドバー 14W出力 TT-SK027
TaoTronics

オーディオ関連記事もチェック!

【徹底比較】Apple AirPods ProとSony WF-1000XM3買うならどっち?! ノイズキャンセリング機能を搭載した大人気完全ワイヤレスイヤホン! ・SONY WF-1000XM3 ・Apple ...
AirPods Proレビュー!!テレワークにも最適!! ついにAirPods Pro買ったー!!! SonyのWF-1000XM3持っているのに、AirPods Pro買っちゃ...
【final E1000Cレビュー】やっぱり有線イヤホン!コスパ良し!音質良し!の最強イヤホン紹介! 時代は今や完全ワイヤレスイヤホン全盛期! 私もAppleのAirPods ProやSONYのWF-1000XM3など完全...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA