しおりビルヂング

趣味ブログ。本を紹介したり、ガジェット紹介したり。マーケティング、投資、ビジネス、統計、数学についても解説したりもします。

能勢温泉キャンプ場で100均グッズ満載の初心者キャンプしてきた!

Amazonプライムビデオでゆるキャン△を見て、キャンプをしたくなり友人を誘ってキャンプしてきました!

とはいえ、全くのキャンプ素人3人、経験もなければ、道具もない。

そんな初心者で能勢温泉キャンプ場に行くことに!果たしてキャンプはできるのか?!

 

f:id:Hikari_22:20180504213556j:plain

 

 

 

 

能勢温泉キャンプ場とは

はじめてのキャンプするためには、まずキャンプ場を探さないといけません。

条件は大阪市から1〜2時間ぐらい。

で、道具などもあまりないのでレンタルしてくれるところがいいなと思いながらネットで色々探しました。

 

そして見つけたのが、能勢温泉キャンプ場!

能勢はこの季節新緑が綺麗そうですし、ロッジ以外になんと常設のテントがあります。

でもキャンプをするからにはロッジでなくて、テントに泊まりたい!という謎の理論により、能勢温泉キャンプ場に決定しました。

 

能勢温泉キャンプ場は、近くにある能勢温泉という旅館がやっているキャンプ場で、常設テント他にもオートキャンプ場やロッジもありました。

 

f:id:Hikari_22:20180910075227j:image

▲(公式サイトより)常設のテントです。こちらは五人ぐらい寝られる大きさのテント

 

f:id:Hikari_22:20180910075306j:image

▲(公式サイトより)ロッジハウス。1棟だけエアコン付きもある!

f:id:Hikari_22:20180910075345j:image

▲(公式サイトより)オートキャンプ場。自分でテント貼ったりできます。

 

 

お昼についたころはいくつかの家族がバーベキューをしていましたが、夜の常設テントは我々の貸切状態!

ゴールデンウィークの間の平日だったためかな。

 

近くに川も流れて、山もあり非常によいところです!

また温泉も旅館の温泉に入れますし、この温泉も風情がありとってもよかったです。

 

料金は五人ぐらいの常設テントで5,000円、また入村料が700円/人かかります。

注意しないといけないのが、入浴料は別途必要です(800円/人)

 

また夜に温泉はいって、朝にも入ろうと思うと2回入浴料が必要になります。

しかも温泉は夜8時までなので、8時以降も焚き火などして、煙の匂いとかつきますし、朝お風呂入りたい場合はさらに入浴料が必要です。

 

なので三人で行くと、5,000円のテント代は1人あたり約1,700円と入村料700円、入浴料800円と合わせて、一人大体3,200円ぐらいでキャンプが楽しめました。

 

また寝具(寝袋)やバーベキューコンロなども500円でレンタルできました。

 

駅から送迎バスはあるみたいですが、いろいろ道具や食材を買ったり

荷物も多いと思うので、キャンプ場へ行く場合は車がおススメです。

 

でも私は普段車を使わず持っていないので、カーシェアで車をかりました。

前日に空いてる車を探したのですが、ちょうど家の近くに2日間空いてるN BOXが空いててラッキーでした。

さすがタイムズ、都会には大量にカーシェアがあるので便利です。

  

100均で揃うキャンプグッズ

さて、ほとんど道具の揃っていない我々ですが、道具を100均で揃えることにしました。

本格的な道具を買っても、今回でキャンプもういいやってなったらもったいないですし

100均なら買ったものを気兼ねなく捨てて使い捨てできます。

 

普通に料理に必要なまな板、包丁、調味料、フライパン、鍋などを100均で買いました。

(まな板は木のまな板がおススメです。料理後不要になっても焚き火の燃料になります)

 

また事前にyoutubeで100均で揃うキャンプグッズなどを見て、同じようなものを揃えました。

 

能勢温泉キャンプ場でも、炭と薪を購入することができますが、ホームセンターで炭と薪は購入しておきました。(そちらの方が安いです)

 

はじめてのキャンプしてみた

さて、能勢温泉キャンプ場へ向かう山の麓にある阪急オアシスでたっぷり食材を購入して、ついにたどり着きました。

実際の常設のテントはこんな感じでした。

f:id:Hikari_22:20180502200556j:image

(ちなみに奥の車がカーシェアでレンタルしたN BOX)

 

中は真っ暗です。照明が必須でした。

ちょっと古さはあるが、下にシートもしていて清潔感もあり、しかもかなり広くて寝るには快適な空間でした。

 

普通はキャンプ場についたらまずテントの設営かと思いますが、今回はその必要なし!

なのでレンタルしたバーベキューコンロで火起こしから始めました。

f:id:Hikari_22:20180502201134j:image

こんな感じで、炭の上に100均でかった着火剤を撒き、それに100均で買ったチャッカマンで火をつけて、100均で買ったうちわで仰ぐだけ。

 

ダイソー万能説。

 

無事火起こしもできたので、バーベキュー開始です。

f:id:Hikari_22:20180504220920j:plain

f:id:Hikari_22:20180502201400j:image

こん感じでどんどん焼いていきます。

この豚肉を指している鉄串も100均。

外で食べるご飯は美味しい!ビールもどんどん進みます。

 

100均グッズで燻製してみた

そして、キャンプにきてしたかったことといえば、燻製!

本格的な燻製器とかもありますが、燻製すらも100均グッズでやっちゃいました。

f:id:Hikari_22:20180504221009j:plain

こんな感じで使い捨てのアルミ容器に、燻製チップを置いて、その上に網を載せます。

網の上に食材を乗せて、その上にボウルをかぶせれば立派な燻製装置の出来上がり!

f:id:Hikari_22:20180504213801j:plain

 

うずらの卵もこんな感じになりました。

f:id:Hikari_22:20180504221039j:plain

うずら卵の燻製マジでうまー!

ということでどんどん燻製していきます。

 

f:id:Hikari_22:20180502201932j:image

燻製といえばサーモンとベーコン

かなり上手に燻製できました。

マジでウマー!!!

 

次にチャレンジしたのは、餃子の燻製

チルドの餃子を買って、燻製してみました

f:id:Hikari_22:20180502201939j:plain


 

んー、餃子の燻製はイマイチだな、、、

普通に美味しいのだけど、餃子そのものが美味しくて燻製との相乗効果は無さそう。

というか、包まれてるから煙が中に入らないのか。

 

などなどしている内にあっという間に夜に。

キャンプで夜といえば焚き火

 

ホームセンターで買った薪と100均でかった着火剤で無事焚き火もできました。

炎を見てると時間忘れるわぁー

f:id:Hikari_22:20180504214321j:plain

 

焚き火を見ながら燻製をつまみつつ、ビールや日本酒を飲んでいるとお酒も回ってきたので、テントに入りました。

 

テント内でNintendo Switchで友人達と少し遊んで寝ました!

ただもちろん電源などはないので、iPhoneやNintendo Switchの充電にはモバイルバッテリー必須です!

今回は無印のポーチにNintendo Switchとモバイルバッテリー2個用意して持ってきてました。

 

 

 

近くにウォッシュレット付きのトイレもあり街灯があったので、夜中目が覚めた時も、ランタンなしでトイレまで行きました。

 

キャンプ場での朝ごはん

そして迎えた朝!超いい天気でした。

こんな爽やかな朝に、外で絶対コーヒーを飲みたい!と思い準備していたコーヒー

でもバーベキューコンロで水を沸かすのが中々大変。。。

結局完全に沸騰することなく温度低めのお湯でコーヒーをドリップしました。

f:id:Hikari_22:20180504214657j:plain

 

朝ごはんは、キャンプの定番ホットサンド

f:id:Hikari_22:20180504214743j:plain

f:id:Hikari_22:20180504214756j:plain

f:id:Hikari_22:20180504214809j:plain

パンにマヨネーズを塗って、昨日のおつまみのあまりのポテトサラダとハムを乗せてケチャップ

それをサンドイッチどーん。

そしてホットサンドメーカーなんておしゃれなものは持っていないので、100均でかった魚焼きグリルで挟みます。

f:id:Hikari_22:20180504215033j:plain

f:id:Hikari_22:20180504215006j:plain

 

ちょっと焦げちゃいましたが、サクサクして美味しい〜!!

温めのコーヒーと一緒にいただきました。

朝ごはん大成功です!!爽やかなキャンプの朝って感じです!

 

今回の反省と次回

初めてのキャンプでしたが、能勢温泉キャンプ場は常設のテントもあり、温泉もありで非常に楽しかったです!

ただ今回は炭の量がわからず、炭は6kgじゃ少なかったので次キャンプに行く場合はたっぷり炭を用意したほうが良さそうです。

また今回はバーベキュースタイルで食材を網で焼くだけだったので、次は本格的に料理チャレンジしたい。

コーヒーも美味しく入れられなかったし、ガスのコンロがあれば良いなぁ

 

▼こういうのね

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

 

 

これなら、どこでも買えるカセットコンロで火を起こせるし、とっても軽いらしいので持ち運びも楽そうです。

これでちゃんと美味しいコーヒーを淹れて飲めたら良いだろうなぁ

 

とはいえ、キャンプグッズなんてなくても能勢温泉キャンプ場ならば、100均の道具だけでなんとかなります。

とってもおススメのキャンプ場でした!