ガジェット

軽い!小さい!しかも3ポート!CIO LilNob USB-C充電器がすごい!

しおりんぐ

え?まだMacBookの充電器、純正品を持ち歩いてるの?

しかもiPhoneとiPadの充電器も一緒に持ち運んでるの?!

重いし、かさばらない?

いきなり、煽りから入りましたがそんな人々に朗報です。

もう重くて大きいMacBookの充電器とiPhoneの充電器を持ち歩かなく良いのです。

そう、このCIO LilNob USB-C充電器さえあれば!

カードより小さいサイズで、しかも超軽いのにUSB-C2ポート、USB-A 1ポートが充電できます!

さらにMacBookPro13インチまでなら充電可能な65Wタイプでハイパワーな最強充電器の登場です。

PCもスマホもタブレットもこれ1台で完璧に充電可能です!

そんな最強充電器CIO LilNob USB-C充電器をレビューしていきます!

世界最小・最軽量のマルチポート充電器は便利すぎる

今回紹介するCIO LiLNob充電器は次世代半導体と呼ばれる窒化ガリウムを採用した、世界最小・最軽量のマルチポート充電器です。

最初はクラウドファウンディングで募集したそうですが、あまりにも人気でわずか30日で1,100人からの支援が集まったそうです。

届いて思ったのは、まずその小ささです。

公式でもカードの1/2の大きさと紹介されていますが、本当その通りです。

MacBookPro 13インチのApple純正61Wの充電器と比較しても圧倒的に小さくて軽いです。

▲左がCIO LilNob,右がApple純正

それなのにパワーはCIO LilNobの方が大きく、しかも3ポート充電可能ですからね!

ちなみにApple純正品との重さ・大きさの違いは以下の通りです。

Apple 純正61WCIO LilNob
出力61 W65 W
重さ204g104 g
大きさ7.5×7.5×3.0 cm6.6×4.2×3.0 cm
ポートUSB-C 1ポートUCB-C 2ポート
USB-A 1ポート

▲左がApple純正、右がCIO LilNob

圧倒的な、小ささ軽さながら出力はApple純正よりもCIO LilNobの方が高く、さらに3ポートで充電が可能という化物じみたスペックです!

CIO LilNobの65Wは大抵のものが充電可能

CIO LilNob USB-C充電器はこの小ささで、なんと65Wの出力で充電可能です。

この出力はほとんどのUSB-C充電可能な電子機器にとって十分な出力です。

MacBookPro13インチやほとんどSufaceなどのPCはもちろん十分に充電できます。

他にもiPadやスマートフォン、Nintendo Switchなども充電可能です。

しかもPD(パワーデリバリ)対応の機種なら、充電速度もすごく早いです!

しおりんぐ
しおりんぐ
実はiPhoneやiPadもPDによる高速充電に対応しているので、純正充電器よりも早く充電できるようになるよ!

つまりCIO LilNobの65Wとは、ほとんどの電子機器を充電するのに十分な出力なのです!!

MacBook Pro16インチなの超ハイスペックなPCなどは十分な充電に96W必要なので、CIO LilNobの65W だとパワー不足になっちゃいます。

USB-C2ポート、USB-A1ポートでMac,iPad,iPhoneが同時に充電可能!!

この小ささでMacBookProを充電できるだけでも優れものなのですが、なんとCIO LilNob USB-Cは3ポートで充電可能です!!

3ポート充電できたら、Macだけじゃなく同時にスマホやiPadなども充電でき、旅行や出張にも大変重宝します!

しおりんぐ
しおりんぐ
軽い出張なら、充電器はこれ1台で十分です!!

MacBookの充電器1台よりも軽いのに、さらにiPhoneやiPadの充電器も持ち運ばなくて良くなります。

USB-C、USB-A両方搭載しているので、カメラやゲーム機、イヤホンやApple Watchなど何でも充電可能です!!

CIO LilNob 3ポートの出力詳細

CIOLilNobの3ポート利用できるのではとても便利なのですが、3ポート全てでマックスの出力が出るわけではなく、組み合わせや場所によって最大出力が異なります。

しおりんぐ
しおりんぐ
この先はちょっと専門的なので、興味ない人は飛ばしても大丈夫です!

結論はMacBookのような電力を多く必要な機器はUSB-C1ポートを使用すれば問題ない!です。

各ポートの出力の詳細は、箱に記されていました!

このままだと、わかりづらくややこしいので表にまとめたのが以下です。

ちょっとややこしいですが、USB-Cポートを使う場合は1ポート使用ならどちらも使用しても、MAX65Wです。

ただし同時に利用すると、USB-C1が45W、USB-C2が18Wの合計63WになりUSB-C1の方が出力が高いそうです。

しおりんぐ
しおりんぐ
MacBookなど大きな電力が必要な場合は、常にUSB-C1で充電する方が良いですね!

注意したいのが、USB-Aは単独だと30Wで充電可能ですが、他のUSB-Cポートと併用すると、18Wや15Wまで落ちてしまいます。

CIO LilNob USB-Cレビューまとめ

CIO LilNob USB-C充電器まとめ

・世界最小最軽量で、持ち運びにとっても便利!!

・出力も65Wと十分高く、ほとんどの電子機器を充電可能!

・USB-C2ポート、USB-A1ポートと3ポートも充電が可能で超万能!

・これ1台で、他の充電器を持ち歩かなくて良いので荷物が大きく減る!!!

そんな良いことづくしのCIO LilNob USB-C充電器です!

これは全員が1台は持っていても損はしない、現状完璧な充電器だと思います!

とってもオススメです!!

Apple機器を便利にする周辺機器の関連記事もチェック!

スタンド型のQi充電器でAirPods Proは充電できるのか?![Anker PowerWave 10 Stand] Qi充電便利ですよね! 充電ケーブルを挿さなくてもスマホを置くだけで充電できるので、デスク周りとベッド周りに置いて重宝し...
MacBook 周辺機器
【厳選】MacBook Air/Proを買ったら絶対一緒に買いたい!おすすめの周辺機器・アクセサリー紹介 MacBookを買った皆さん! Macライフ満喫していますか? それともMacBookが届くのをワクワク待っていま...
MacBookに装着できる世界最薄のスタンド「Majextand」で作業効率アップ!! MacBookPro、MacBook airをお使いの全国数千万人の皆様。 MacBookにスタンドを装着すると、すっご...
ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA