外資コンサルへの転職活動記

PwCコンサルティング1次面接

PwC一次面接の体験記です!

PwCといえばいわゆるbig4の一角。前回のクニエの面接では相性の悪い面接官と当たり、無事撃沈しましたが果たして今回は・・・・!

PwCコンサルティングって?

PwCコンサルティング合同会社は、ロンドンを本拠地とし、世界158カ国に180,000人のスタッフを擁する世界最大級のプロフェッショナルサービスファームであるプライスウォーターハウスクーパースの日本におけるコンサルティング会社。デロイト トウシュ トーマツKPMGアーンスト・アンド・ヤング(EY)と並び、世界4大総合コンサルティングファーム(Big 4)の一角を占める。

まずプライスウォーターハウスクーパースって名前が無駄にかっこいい。

あとPwCは日本ではあまり聞かないが、世界ではブランド力が高い。

Forbesの世界で最も有力なブランドランキングで世界8位になっています。

コカ・コーラやAppleを差し置いて、このブランド力。。すごい

世界で最も有力なブランド・ランキング、レゴが再び首位に | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

(ちなみに面接の話の種として調べていましたが、役に立ちませんでしたw)

PwC一次面接の内容

大阪からウェブ面接で実施。

ここはリクナビネクスト経由で面談したエージェントの紹介でした。

面接官は何処かの部署のディレクター(いわゆる部長)

って、あれ??消費材分野を希望していたのに、何でのその部署の方が面接??って真っ先に思いました。

内容は自己紹介や志望動機や業務の深掘りなど、一般的な内容でしたがやたらとウェブや最新技術についても聞かれました。

「IoTやAIを今の業務に活用するならどうする?」

「Iotを活用した消費材の最終製品をジャストアイデアで良いからあげてみて」

など。こういうテクノロジー方面に強い人を求めているのかなって感じです。

まあ私自身割りとテクノロジーにも興味があり、日々Iotを製品開発に活かせないかなぁって考えてたのもあり、無難に答えることが出来たと思います。

ただ更に突っ込まれてデジタルマーケティングの経験と成果は?とか聞かれました。

(ないですw)

印象的だったのは最後の質問で

「今までチームスポーツやったことある?」

「ないです」

「えwまじで?!www」

で面接は終わりました。

面接の結果

面接が終わってから1ヶ月ほど音沙汰なく。。。完全に忘れかけたいた頃に来ました。

デジタル方面の経験が無いので私の部署では採用できないが、人材としては優秀だと思うので、Strategy&の選考に進んでもらうから!

という、面接落ちたのか通過したのか謎の連絡

まあ、とりあえず次の選考には進めるとのことでした。

というか返事おせーよ!w

ABOUT ME
しおりんぐ
しおりんぐ
京都大学→大阪で日系メーカーの会社員。 ビジネスに役立つ情報や、外資コンサルへ転職活動したときの記録などを書いてます。詳細なプロフィールは こちら! メインブログの 「しおりビルヂング」では旅とガジェットについて書いてます!
外資コンサルへ転職するならエージェントサービスは必須!

外資コンサルへ転職活動するためには、エージェントサービスを活用しよう!

職務経歴書の添削や、ケース面接の練習、スケジュールの調整や、入社条件の交渉までエージェントがしてくれます!

おすすめのエージェントサービスは以下の記事をチェック!

外資コンサル エージェント
外資コンサルへのおすすめ転職エージェントサービス! 初めての転職活動を初めた私ですが、何をすればよいかわかりませんでした。 転職活動は、周りに相談しながらできるものでもなく...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA