ガジェット

【厳選】MacBook Air/Proを買ったら絶対一緒に買いたい!おすすめの周辺機器・アクセサリー紹介

MacBook 周辺機器

MacBookを買った皆さん!

Macライフ満喫していますか?

それともMacBookが届くのをワクワク待っていますか?

しおりんぐ
しおりんぐ
私も新しいMacが届いたばかりで、とてもワクワクしています!!

そんな、あなたのMacライフをさらに充実されるおすすめのアイテムを紹介します!

せっかく買ったMacBook、快適に使って素敵なMacライフを充実させたいと思いませんか?

今回紹介するのは、そんな素敵なMacライフを実現させる厳選した3アイテムです!

どれもマストで買ったほうが良いアイテムです!

▼MacBook Pro関連の記事も合わせてチェック!

MacBook 関連記事!

iPhone 11
iPhone 11 Proを買うか悩んでいたらMacBook Proを買っていた 発表されましたね!iPhone11!! 9/13に予約開始で、9/20に発売です! すでに散々ニュースやいろいろな媒体で紹...
MacBook Pro レビュー
買うなら今だ!MacBook Pro 13インチ(2019)レビュー! MacBook Pro13インチ2019年モデルを購入して、色々使ってます!! MacBook Pro13インチを買...

Anker 7-in-1プレミアム USB-Cハブ

御存知の通りMac Book ProはUSB-Cポートしかついてません。

電源もデータのやり取りも、外部モニターへの出力などもすべてUSB-C端子から変換して行う必要があります。

そんな時に必要なのがUSB-Cハブです。

いろいろなメーカーから発売されていますが、おすすめはAnkerの7-in-1プレミアム USB-Cハブです!

AmazonをUSB-Cハブで検索すれば、無数に出てきますが信頼できるメーカーはAnkerとSatechiぐらいしかありません。。

あとは有象無象の中華メーカーの製品が出てきますが、大切なデータのやり取りや大きな電流を流すので安心できるメーカーのものを買いたいです。

その中でもAnkerの7-in1プレミアム USB-Cハブがおすすめです!

良いところはUBS-Cポート1つで、USB-Aポート×2、HDMI、SDカードリーダー、microSDリーダー、USB-C(data)、USB-C(PD)の7つのポートに変換できます!

USB-Cハブ
▲USB-A(3.0)ポートが2つと、データ用のUSB-Cポート。
USB-Cハブ
▲HDMI、SDカード、microSDカード、電源のUSB-Cポート

しおりんぐ
しおりんぐ
まさにオールインワン!これ一個ですべてカバーできます。

さらに、このハブ経由でMacBookも充電できるのです。(しかも100Wまで対応)

ハブとして使用しながら、充電もできるのでMacBook側のポートを1個しか使わないわけですね。

USB-C ハブ
▲電源をとりながら、USB-AやHDMI、SDカードを読み込める

さらには4K出力もできるHDMIポートも備えているので、デュアルディスプレイにすることも、プレゼンテーションで外部モニターにつなぐ際も活躍できます。

というか、MacBookを買ったらUSB-Cハブはマストで買わないと、まともに使えないと思います。

しおりんぐ
しおりんぐ
外付けHDDからバックアップデータを持ってくるために、MacBook Proが届いた日からUSB-Cハブは活躍しております!

Ankerの7-in1プレミアム USB-Cハブはデザインもかっこよく、MacBookによく合います。

▲MacBook Proともあう落ち着いたデザイン

またトラベルポーチも付属しており、外に持ち出す際も便利です!!

RAVPower 61W USB-C 急速充電器RP-PC112

MacBookを買ったら、純正のUSB-C充電器がついています!

MacBook Airなら30Wの充電器、MacBook Pro13インチは61W、MacBook Pro 15インチは87Wの充電器が付属しています。

でも、純正の充電器って大きくて重くないですか?!

正直持ち運びには不便すぎます。

そこで、おすすめなのがRAVPowerの 61W 急速充電器RP-PC112

RAVPOWER
▲RAVPOWER RP-PC112、驚くほど小型です。

すっごく小型ながら、61Wの容量で充電ができるということで、持ち運びに大変重宝します!!!

窒化ガリウムという次世代の半導体素材を採用することで大容量ながら、非常に小型な充電器となっております!!

純正の61Wの充電器と比較しても一目瞭然です。

RAVPOWER
▲左がRAVPOWER、右がApple 純正の61W充電器

しおりんぐ
しおりんぐ
大きくて重い純正の充電器は家のコンセントに挿しっぱなしで、MacBookを持ち運ぶときはこの充電器をかばんに入れていればいいわけです!

MacBook Pro 15インチでは、61Wの充電器だと、負荷の多い作業するには電力不足かもしれません。

また、充電器にはケーブルがついていないのでPD対応(Power Delivery:大容量の充電)のUSB-Cケーブルも一緒に買うと良きです。

私は、安定のAnkerのUSB-C to Cケーブルを一緒に購入しました!

moshi Clearguard キーボードカバー

現行のMacBookは悪名高きバタフライキーボードです。

これは、キーボードの隙間にホコリ等が入り込んでキーボードが動作しなくなるという、トラップみたいなキーボードです。

しおりんぐ
しおりんぐ
海外では集団訴訟にも発展しています。

Apple側も色々対策して、現在はすでに第4世代バタフライキーボードとなっています。

それでも最新版の第4世代バタフライキーボードでも、キーボード交換プログラムの対象となっております。

つまりApple側も未だ根本的に解決できていないので、キーボードが壊れやすいということです。

というわけで、不本意だとは思いますが自力で対策を講じたほうが良いと思います。

そこで対策として有効なのがキーボードカバーです。

キーボードカバーも、いろいろなメーカーから出ているのですが、安すぎるカバーはMacBookの熱で溶けて張り付いたりするらしいので、避けたほうが無難です。

そこで、多少高いですがmoshiのキーボードカバーを購入いたしました。

MacBook キーボードカバー
▲こんな感じのキーボードカーバーです。

かなり薄いカバーなので、キーボードの使用感などには影響しなさそうです。

MacBook キーボードカバー
MacBook キーボードカバー

英語の説明書が入っていましたが特に難しい内容ではありませんでした。

    1.青色の線に沿ってシールを剥がしてね
    2.MacBookのキーボードに良い感じに乗せてね
    3.説明書の角をちぎってね
    4.説明書の角でテープをキーボードに貼り付けて
MacBook キーボードカバー

律儀に、説明書の角をちぎってシールを貼り付けました。

実際にキーボードにシールを貼り付けた前後はこちら▼

MacBook キーボードカバー

キーボードカバーを貼り付けたら、黒いキーボードがちょっと霞んで見えるようになりますね。

写真だとかなり違ったように見えますが、実部はそれほど気にならないレベルです。

唯一、気になるポイントがあります。

MacBook キーボードカバー

しおりんぐ
しおりんぐ
スペースキーにmoshiのロゴが入る!!!!!

これさえなければ、完璧なのに、、、

MacBookと一緒に買うべきアイテムまとめ!

Anker 7-in-1プレミアム USB-Cハブ

RAVPower RP-PC112

moshiのキーボードカバー

以上、3つのアイテムはMacBook Proを買ったらマストで買ったほうが良いですね!

むしろこの3種の神器がないと、作業がはかどらないレベル・・・!

しおりんぐ
しおりんぐ
それでは快適なMacライフをお過ごしください!

ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA