お出かけ・旅行

Apple WatchでANAの飛行機に乗る方法を解説!

ANA Apple Watch

Apple Watchが便利すぎて手放せないしおりんぐ (@shioring_u)です。

しおりんぐ調べによると、Apple WatchでできたらかっこいいことNo.1は

「Apple Watchだけで飛行機に搭乗する!!」

でした!!(N=1)

実際、私も出張や旅行で飛行機を利用する際はいつもApple Watchで飛行機に搭乗しています。

ちなみに私、飛行機はもっぱらANA派で、ステータスはANAスーパーフライヤーズです。

なのでこの記事もANAの飛行機について乗る方法の解説です!

【2019年版】めざせスーパーフライヤーズ!!普段の出張でANAプラチナ会員を目指すこつを紹介する 私は2016年にANAのプラチナ会員を達成し、現在はスーパーフライヤーズで快適な空の旅を楽しんでいます! なんと...

Apple Watchで飛行機に乗るのはかっこいいのもあるけど、ほんとうに便利です。

わざわざ紙のチケット発券するために並ばなくて良いというのもあります。

それにマイレージカードのように、財布から出して搭乗して、また財布に戻してという手間が無くなります。

しおりんぐ
しおりんぐ
腕時計だけで飛行機に乗れるのだから!

今回、そんなApple WatchでANAの飛行機に搭乗する方法を解説したいと思います!

Apple Wathで搭乗するにはskipサービス対応の航空券

航空券を予約する際にskipサービスというサービスに対応している航空券だと、すぐにApple Watchで飛行機に搭乗できます。

このskipサービスというのは、手荷物だけ(預ける荷物がない)の場合はチェックインカウンターをスルーして直接保安検査場に行けるというサービスです。

チェックインした場合は紙の搭乗券渡されるのでわざわざApple Watchで搭乗する必要がなくなります。

ANA公式サイトで予約したら基本はskipサービスに対応していますが、旅行会社経由などの場合skipサービスに対応していないこともあるので、事前に調べておきましょう!

過去には国際線に乗るための乗り継ぎで、伊丹空港で国際線チェックインした後成田まで行く飛行機にApple Watchで搭乗しようとしてもエラーとなり搭乗できなかったことがあります。

なので、紙の航空券を発券してもらったあとApple Watchだけで乗れない可能性もあります。

iPhoneからウォレットアプリに搭乗券を入れる

Apple Watch ANA

iPhoneのANAアプリ、もしくはブラウザからANAのサイトにアクセスして予約済みの航空券を確認します。

Walletに追加というのが出てくるので、ここをタッチ。

するとApple Walletに追加というボタンが出てくるので、これをタッチ!

Apple Watch ANA

Walletアプリが起動して、ANAの搭乗券(二次元バーコード)が表示されるので追加を押します。

これでiPhone側でやるべきことは終わりです。

ちなみに、ウォレットアプリの二次元バーコードがあればiPhoneだけで飛行機に搭乗できるようになりますよ!

Apple Watchのウォレットアプリで搭乗券を表示

つづいて、Apple Watch側です!

ANA Apple Watch

Apple Watchでウォレットアプリを起動します。

iPhone側で登録した搭乗券がありますので、その搭乗券を選択。

搭乗券を下にスクロールすると、搭乗に必要なバーコードが表示されるので、バーコードを画面の真ん中に持ってきます。

こうすることで全画面で、搭乗バーコードが表示されます。

Apple Watchって手首をひねると自動的に画面の表示が消える仕様になっていますが、ウォレットアプリからバーコードを表示すると、手首をひねっても画面が消えることがありません

Apple Watchで搭乗するときは、画面にバーコードを読み取らせるために必ず手首をひねらないといけません。

つまり、ウォレットアプリ以外でバーコードを表示しても(たとえばカメラロールに保存した画像)、読み取る際に消えてしまうのです!!

Apple Watchつけたまま、保安検査場は通過できるの? 

Apple Watchで搭乗できるとしても、保安検査の時にわざわざApple Watchでチケット読み取らせて、腕から外して、保安検査場抜けてまた装着って面倒じゃないですか?

だったら、別にANAカードやiPhoneでいいじゃんと思われるのでは?

私もそう思いましたが、実際はApple Watchつけたままでも何の問題もなく保安検査を通り抜けれます。

今まで、数十回試していますが国内線の保安検査でApple Watchが原因で引っかかったことは一度もありません。

ただ過去JFK空港(ニューヨーク)では、Apple Watchつけたまま保安検査場抜けようとしたら、通る前に外せと言われたことがあります

まあそもそも国際線はApple Watchで搭乗しないので、それ以降国際線に乗るときは保安検査場でApple Watchを外しています。

実際にApple Watchで飛行機に搭乗してみた

実際に、ウォレットアプリで2次元バーコードを表示して搭乗したときの動画です!

まさにこの動画の通りなのですが、Apple Watchのアプリから二次元バーコードを表示します。

それを読み取り機械にかざせば終わりです!

簡単でしょ?

ぜひ、Apple Watchで便利にカッコよく飛行機に搭乗してみましょう!

ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA