ガジェット

iPadで無料ソフトだけでRaw現像する方法の紹介!

f:id:Hikari_22:20190302194112j:plain

一眼レフを使用してたら、チャレンジしたいのがRaw現像ですよね!
今回はiPadを使って有料ソフトを使わずにRaw現像する方法を紹介いたします。

iPadでRaw現像できるのは本当に便利で、旅先などで写真を撮影して移動中にサッとRaw現像で綺麗な写真に仕上げて、その場でSNSにアップしたり、グループ旅行だと、ラインで共有などもできるのです!

しかもiPad proだとapple pencilが使いやすくて、むしろパソコンよりもはかどるかも?!

iPadでRaw現像する定番のアプリはAdobeのLightroomです。

プロフォトグラファーも多く使用しているアプリですが、月額980円かかります。

でも大丈夫、今回はそんなiPadでのRaw現像を有料のソフトを使わずやってしまいましょう。

iPadでRaw現像する方法のための準備

まずはRaw画像をiPadに取り込む必要があります。
各種カメラによって違うと思いますが、便利なのが下のiPadと接続できるSDカードリダーです。

Lightning端子のiPadはこのSDカードリーダー

USB-C端子の最新iPad proはこのSDカードリーダー

SDカードリーダー経由でRaw画像を”写真アプリ”に取り込むことができます。

( iPadの純正の写真アプリの名前が写真とかいう紛らわしすぎる名前なので、以下純正の写真アプリのことを”写真アプリ“と記載します!それ以外の写真は、写真そのものを指します!)

※一部レビューコメントによると純正以外のSDカードリーダーだと、Raw画像をきちんと読み込めないコメントあったので、純正品買うのが無難です。

カメラの機種によってはwi-fiやカメラとの直接接続でもRaw画像取り込むことができるかもしれません。

そのあたりはお持ちのカメラの説明書参照してくださいね。

ちなみに、私の持っているEOS kiss Mではwi-fi転送ではRaw画像取り込めませんし、直接接続でもiPadに取り込めないみたいです。

Raw画像を取り込むとき注意しないといけないのが、jpeg+Raw画像の場合はどちらも取り込むことはできるのですが、なぜかこの形式で取り込むと以下で紹介する方法でRaw画像の編集ではなく、jpegの編集になることがあります。

なので対策としては、Raw画像だけでSDカードに保存することが必要です。
PCやカメラ側でjepg画像だけ消すとかの作業が面倒なので、私はカメラ側の設定で撮影時にRaw画像だけ保管する設定にしています。

“写真アプリ”におけるjpegとRawの扱いについて

“写真アプリ”では同一のRawとjpegの写真は、jpeg+rawとして1枚の写真で管理されます。
その写真に対して、何らかのアクション(ツイッターやラインで送る、編集ソフトで編集するなど)を起こすと”写真アプリ側”で自動的にjpegかRawを選択している感じです。

もちろん ツイッターなどのアプリはjpegが選択されるのですが、下で紹介するSnapseedにもjpegの画像が送られて、Rawの編集ができませんでした。

一方でAdobeのLightroomだとRaw画像が送られて、編集できるっぽいのですが、有料ソフトですので今回の記事では割愛します。

”写真アプリ“でRawを編集する

以上の方法で写真を取り込むと、Raw画像には左上にRawと表示されます。
なんとiPadの”写真アプリ”はRaw現像することが可能なのです。
ちなみにiPhoneの”写真アプリ”ではできません。(もちろん見ることはできます!)

右上の編集を押して、明るさやシャドウ、ハイライト、コントラストなどなど一般的な項目を選べるので好みの写真に仕上げましょう!

▼この右上の編集をタップすると、Raw現像が可能に!

f:id:Hikari_22:20190302192431j:image

ただ、”写真アプリ”側の処理の問題なのか、Raw画像を編集しようと編集画面に入ると最初にアプリで表示されていた写真と、明るさや色が異なって表示されるんですよね。。。
一度編集してしまえば、一致するのですが、最初に写真を見て明るさとか色をこんな感じで編集するか!って考えたのに、ずれるのがワンステップイラッとします。

▼写真アプリの管理画面で表示される写真

f:id:Hikari_22:20190225083504p:image

▼それを編集しようとすると明るさや色味が変わる

f:id:Hikari_22:20190225083513p:image

しかしながら、”写真アプリ”だけでも、かなり良い感じにRawの編集ができます!

▼“写真アプリ”を使って編集した画像の例!

f:id:Hikari_22:20190225083545j:image

▼未編集の写真との比較

f:id:Hikari_22:20190225084908j:image

ただし ” 写真アプリ”は編集できる項目が少ないんですよね。
色温度やホワイトバランスなどはいじれないし。

そこでオススメなのが次から紹介するSnapseedというアプリを利用する方法です。

Snapseedを使ったRaw現像

SnapseedはGoogleのアプリで、無料でここまでできるの?!ってぐらい素晴らしい写真編集のソフトです。

“写真アプリ”ではできなかった色温度の調整はもちろん、シミ除去や部分編集、カーブ機能など、私のような初心者には使いこなすのも大変な超優秀なソフトです。

無料でここまでできるってすごくない?!

そして何より便利なのが、Raw編集の設定をコピーできることです。
似たようなシチュエーションの写真は同じような設定で編集することが多いかと思いますが、この機能で一発で編集です!

“写真アプリ”からRaw画像を読み込んで、Raw編集して、上書きすれば”写真アプリ”に保管されている写真が修正されます。

ここで注意しないといけないのが、”写真アプリ”側からsnapseedで行った編集は元に戻してオリジナルの写真には戻せるのですが、やり直しはできません。

つまり、またSnapseedで取り込んで、修正しないといけないので設定を忘れてしまうと二度と元に戻せなくなります!

その点は注意してください!

▼実際にさっきの画像をSnapseedで編集!

f:id:Hikari_22:20190225085722j:image

ホワイトバランスを調整可能なので、より寒い感じが出せています!!

▼元画像との比較

f:id:Hikari_22:20190225085956j:image

“写真アプリ”でのRaw画像の扱い

さて、編集したRaw画像ですが、”写真アプリ”内ではRawデータのまま保存されます。

またiCloudでもRaw画像が保存されるようですので、iPhoneで見ることはできるのですが、iPhoneはRaw画像編集に対応していませんので編集はできません。

そのRaw画像をiPadやiPhoneから例えばツイッターやインスタグラムなどのSNSに投稿する場合は、自動的にjpegに変換されてSNSなどにアップロードされます。

ラインで友達などに写真を送る場合も自動的に圧縮されてjpegで送付されます!

つまり”写真アプリ”で管理しているRaw画像は、いちいちjepgに変換する必要がないんですね。

Rawで管理して、外部アプリでは必要な時だけjpegに自動で変換されるというシステムです。

これ結構便利なので、私はそのままRaw画像を編集しても、いちいち全てをjpegに変換することなくそのまま管理しています。

ただし、jpegと違ってRaw画像は容量がとても多いので写真の数が莫大な方や、容量が足りない方はRaw画像をjpegに変換した方が良いかと思います。

以上、無料ソフトを活用してiPadでRaw現像する方法の解説でした!

(追記)

Lightroomほどお金出すのは嫌だけど、無料アプリよりも本格的に写真編集したい!

という人のために「Pixelmator Photo」というアプリレビューしました。

Raw編集もできる!買切りタイプのiPad用写真編集アプリ「Pixelmator Photo」レビュー! 一眼レフカメラで撮ったRaw写真どうしていますか? 実はiPadはRaw画像を編集するのに、すごく良いんですよ! 外出先で簡単に...

Lightroomよりも安く、無料アプリよりも一段上の編集したい人はぜひチェックしてね!

ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。