しおりビルヂング ー旅とガジェットとライフハックとー

旅好き、ガジェット好き会社員が様々な情報を発信するブログ。

コスパ最強のレンズ!SIGMA 17-50 F2.8のレンズをEOS kiss Mにつけてレビュー!

デジタル1眼レフカメラの醍醐味といえば、さまざまなレンズを装着できるところですよね。

私も去年EOS kiss Mを買いまして、初めてレンズ交換式のミラーレスカメラを使用しています。

 

EOS kiss Mでは散々このブロブでも記事にしまして、ありがたいことに結構アクセスをいただいています。

EOS kiss Mのキットレンズはすごく綺麗に写真撮れますが、さらに一段写真の腕について高みを目指すために初めてEOS kiss M用に新しいレンズを購入し、デビューいたしました!

 

私のように一眼レフ初心者のかたで、キットレンズ以外を検討してみようと思っているかたは是非参考にしてみてください!

 

(注:本記事の焦点距離はすべてAPS-Cでの焦点距離なので、フルサイズ換算は1.6倍してください)

 

購入したのは↓のSIGMA 17-50mm f2.8です!

EOS kiss MにSIGMA 17-50装着!

 

カッコいい・・・!

コンパクトサイズのkiss Mのボディの大きさに対してレンズが少し大きすぎる感じもしますが、三脚に固定しても案外安定しています。

 

またAFや手ブレ補正など純正のレンズと何ら変わらずに使用できます!

EOS Mシリーズでフリーズするという問題もあるみたいですが、少なくともEOS kiss Mでは問題なさそう!

そのあたりは以下の記事で詳しく説明しています!

 

www.shioring.com

 

注:EOS Kiss Mに装着するには以下のマウントアダプターが必要です!

なぜSIGMA 17-50mm F2.8を購入したのか

購入したKiss Mはダブルレンズキットで、そのキット含まれるEF-M 22mmの単焦点レンズは本当に写りが綺麗だし、とても重宝しています。

こんなに写りが綺麗で小さくて神レンズ!と最初は思ってました。

(今でも思っているよ)

 

  

でもいろいろカメラ使っているうちに、このレンズだけでは物足りなくなってきました。

 

下のEOS kiss Mを韓国旅行で使ったレビューでもちらっと書きましたが、使っているうちに最初は22mmよりも広角のレンズが欲しいなーって思ってたんですよ。

 

www.shioring.com

 

ただ、やっぱり使っているうちにもう少し望遠方向もほしいと思い、結局ズームレンズが良いのでは?!と思いました。

 

EOS kiss MのダブルレンズキットではEF-M 22mm f2.0ともう一つEF-M 15-45mmのレンズが付いてきました。

これなら22mmより広角側も撮れるし、望遠側ももっと撮れるし、結局行き着く先は標準ズームレンズなのかと思い、使ってみることに。

 

オーストリアに4泊5日で旅行に行ったので、早速EF-M15-45 mmのレンズでいろいろ撮影しました。

 

その時の様子が以下の記事の前半部分です。

 

www.shioring.com

 

初日はシドニーでEF-M 15-45mmを使用していたのですが、結局シドニーからウルルへ移動した2日目以降は22mmの単焦点レンズに戻ってしまいました。

その時の様子が先のシドニーの記事の後半と、以下のウルルの記事です。

 

www.shioring.com

 

うーん、やっぱり今見返しても単焦点レンズの写真のほうが好きだなぁ。

 

そして使って見て思ったのは確かに焦点距離が15-45mmはすごく使いやすい!やっぱり多くの人に支持されるだけはある!

でもレンズの映りが個人的にイマイチだなぁっと思ったのです。

(世間の評価は十分高いです!完全に個人の主観です)

 

そして何よりf値が3.5-6.3と暗い上に焦点距離によって変動するのに慣れませんでした。

私は絞り優先モードという設定で写真撮影することが多いです。

これはF値を自分で設定して、他の設定はオートなのですが、せっかく設定したF値がズームすると勝手に変わってしまう!!

 

そこで探して見つけたのが、SIGMA 17-50mm F2.8のレンズでした!

これは17-50 mmの焦点距離で使える標準ズームレンズで、更にズームしてもF値が2.8のまま!というすごいレンズなのです。 

実際に使ってみて良いところ 

画角

やっぱり焦点距離17-50mmは相当使いやすいです!

広角側ではもちろん自撮りが余裕でできます。

(ただし、片手で持ち続けると手が重くて手がプルプルしてくるw)

 

以下が、実際同じ場所から撮影した17mmと50mmの写真です。

 

↓焦点距離17mm

f:id:Hikari_22:20190127190945j:image

↓焦点距離50mm

f:id:Hikari_22:20190127190956j:image

 

うーん、一本のレンズでこの画角カバーできるというのは相当使いやすい!!

 

明るい

やっぱりF2.8通しっていうのが相当使いやすいです。

キットレンズは望遠側にすると、F値が勝手に変動してしまいイラっとするときもありました。

 

先にも述べましたが、絞り優先モードで撮影することが多いのです。

いい感じにF値設定した時に、ズームしたりしてF値が勝手に動くことがなくなったので、かなり使いやすいです!!

 

画質

キレイ!!!!

キットレンズの単焦点レンズと変わらないぐらいキレイなのでは?!と思っています。

以下の2枚が同じ焦点距離で撮影した、キットレンズの単焦点レンズ(EF-M 22mm)との比較です。

 

↓SIGMA 17-50mm F2.8

f:id:Hikari_22:20190127191311j:image

↓CANON EF-M 22mm F2.0

f:id:Hikari_22:20190127191322j:image

どちらも超キレイじゃないですか?!

かなり満足しております!

 

設定はすべて同じで撮っているのですが、色味とかはやっぱりレンズメーカーごとの特色でますね。

好みだと思うのですが、ズームレンズで単焦点レンズと変わらないぐらいきれいな写真撮れて満足しております。

 

手ぶれ補正

EOS kiss Mにはボディ内手ぶれ補正がついておりません。

なので、レンズ内手ブレ補正がついているSIGMA 17-50 F2.8は本当便利で助かります。

もちろん、マウントアダプターを介してでも、しっかり手ブレ補正が働いています!

 

EF-M 22mmには手ブレ補正ついてないですからね。

 

実際以下の写真は手持ちで撮影してみました。

ブレ少ないですよね?!まじで感動です

 

安い!

なんとこのレンズ、amazonやなどで3万円弱で買えます!

(2019/1/27時点で、26,604円)

 

この性能のレンズがこの値段で買えるなんて、コスパ高すぎます。

CANONにEF 24-70 mm F2.8という、同じくF2.8通しでちょっとズーム範囲が広いレンズありますが、こちらだとAMAZONで18万円弱しますからね!

 

このSIGMAのレンズのコスパの高さすごすぎます。

 

 

実際に使ってみて使いにくいところ

重い大きい

買う前からわかっていましたが、やっぱり大きいし重いです!

ただ、これはピークデザインのストラップ、リーシュでなんとかなりました。

 

このストラップは↓のようにカメラのレンズを下向きにしてタスキがけができるのです!

 

ピークデザイン リーシュ

 

これで首の負担も無くなりましたし、大きさもそれほど邪魔に感じなくなりました。

しかもカメラからの取り外しがワンタッチでできるので超便利です。

ピークデザインのリーシュがあれば、大きくて重いレンズでも運用できそうです!

 

あと以下の記事で紹介した、EOS kiss Mと同時に購入したカメラバッグにもレンズ付けた状態ですっぽりはまりました。

大きいですが、持ち運びも問題なくできています!

f:id:Hikari_22:20190127224624j:image

 

 

レンズフードがユルい

レンズ購入時に一緒にレンズフードが付いてくるのですが、これが結構ゆるく気づいたらずれてたり落ちたりします。

 

レンフードがずれていることに気づかず写真撮っちゃうと以下のように、レンフードが写真に写り混んじゃいます。

 

注意してください!

 

あまり寄れない

EF-M 22mmと比較すると対象物にあまり寄れない感じがします。

実際レストランとかで食べ物の写真を撮るのは不向きかなーって思います。

 

以下の海鮮丼はSIGMA 17-50 F2.8で撮ったのですが、ここが限界です。

海鮮丼

 

もう少し寄って大きく撮りたい場合にはEF-M 22mmが活躍です!

(こちらは結構寄れます!)

 

まとめ

以上がSIGMA 17-50mmF2.8レンズのレビューです。

まとめると安く買えてコスパ最強の神レンズ!です。

 

まじで買ってよかったなと思いますね。

 

今後はEF-M 22mm とSIGMA 17-50mmのレンズ二本体制で写真楽しみたいなーって思っています。

 

ちょっとしたお出かけや、ブツ撮り、食べ物の撮影などはEF-M 22mm

それ以外の場面、メインで使用するのはSIGMA 17-50mmと使い分けようと思っています!