しおりビルヂング

趣味ブログ。本を紹介したり、ガジェット紹介したり。マーケティング、投資、ビジネス、統計、数学についても解説したりもします。

ソウルのUber事情!そしておすすめのホテル「 L7 明洞」!

韓国は日本から一番近い海外として、旅行先に人気ありますね〜!
 
 その中でも明洞(ミョンドン)エリアは、ソウルの中心地であり、ファションの中心であり、美味しい食べ物あり、買い物もいっぱいできるしで特に観光客に人気のエリアです。
 
先日弾丸でソウルに行ってきたので、実際に訪れたおすすめの場所やおすすめの食べ物など紹介します!
 
▼実際にこの韓国旅行で新しいカメラ使ってみたときのレビューです
 

韓国弾丸旅行の旅程 

f:id:Hikari_22:20181029171018j:plain

今回はピーチで関空→ソウルの往復のチケット取りました。
航空券は約12,000円。さすが格安航空(LCC)、安い!
 
ソウルまで2時間弱ぐらいなので、多少狭くても苦じゃなかったです!
というかそんなに狭く無く快適だった。 
 
旅程は以下の通りでした。
金曜日 関空 20:00発→ソウル 仁川空港 21:30着
日曜日  ソウル 仁川空港15:15 → 関空 17:00着
 
実質は土曜日一日観光と、日曜日の午前中観光の2泊2日の弾丸旅行でした
 
金曜日は普通に朝から仕事です。
仕事をちゃんと定時内に終わらせて、定時ダッシュで会社を出て関空に向かいました。
 
無事に定刻通り飛行機は出発して、定刻通りに仁川空港に到着。
入国手続きなど済ませて実際に空港を出たのは11時ぐらいでした。
 
で、タクシーで1時間ぐらいかけてソウル中心地明洞のホテルまで向かい、ホテルには日がまわった0:00ぐらいに着きました。
 

ソウルのUber事情

 
空港から明洞のホテルまではUberで行くことにしました。
注意しないといけないのは、韓国のUberはUberのシステムを使って一般のタクシーを捕まえる感じです。
なので運転者はみんなプロの運転手で、料金はメーター料金で、事前に料金がわかるわけでもなかったです。
アメリカとかで使うUber Xとは少し違う感じです。
 
日本語ができる運転手に聞いたところ、韓国でUberに登録している運転手は少なく、Uber経由で手配は珍しかったとのことでした。
実際に土曜日にソウルの中心地でUberでタクシー捕まえようとしても、全く捕まりませんでした。
 
でも目的地言わなくていいし、お金もUber経由でクレジットで払えるし、タクシー捕まる時はUberが便利です。
評価システムもあるので、運転手もある程度信用できますし。
 
仁川空港から明洞中心地のホテルまでは約60,000ウォン、日本円で6,000円ぐらいでした。
今回は4人で行ったので1人あたり1,500円ぐらいで、リムジンバスとそんなに変わらずでした。
 

明洞でおススメのホテル L7明洞

 
今回の旅で利用したのはL7 明洞 というホテルですが超おすすめです。
 

L7 明洞を予約する(トリップアドバイザー)

 
まず、立地が超便利です。
明洞駅の入り口が目の前なので、ここから地下鉄で移動するのも便利ですし、そもそも明洞の中心地に近いのでかなりのところ徒歩で回れます。
 
あと海外のホテルって、歯ブラシとかスリッパとか無いことが多いですが、ここは全部完備です。
日本のビジネスホテル並みのアメニティは揃っていました。
ウォッシュレットまでありました。
 
▼部屋の中はこんな感じですごくきれい

f:id:Hikari_22:20181029172025j:plain

 
あとは最近建てられたということもあり綺麗なのと、ラウンジや入り口もかなりオシャレでした。
▼フロントはこんな感じ

f:id:Hikari_22:20181029171633j:plain

 
▼ラウンジもおしゃれ

f:id:Hikari_22:20181029171733j:plain

 
 
 ▼ホテルに入って、この写真だけ撮ってる人とかも何人もいました。

f:id:Hikari_22:20181029171516j:plain

 
最上階にはルーフトップバーもあり、オシャレなバーでお酒も飲めました。
ただテラスもあるのですが、我々が行った時は寒すぎるということでテラス席閉められていました。。。
 
▼最上階のおしゃれルーフトップバー

f:id:Hikari_22:20181029171937j:plain

 
こんな素敵なホテルですが、なんと価格が安かった!
結構前に予約しましたが、1人1泊7,000円ぐらいで泊まれました。
(もちろん予約時期や空き部屋状況によって変動します)
 
この値段で、こんな中心地でアクセス便利で、とても綺麗で快適なホテル泊まれるなんて〜と感動したものです。
 
と、ここまでで日本から→韓国のホテルまでの旅程の紹介でした。
 
実際に巡ったオススメの観光スポットなど次の記事に続きます!