しおりビルヂング

趣味ブログ。本を紹介したり、ガジェット紹介したり。マーケティング、投資、ビジネス、統計、数学についても解説したりもします。

ウニの骨ってなんだ?! 京都のおすすめカフェ「ウサギノネドコ」

ウニの骨ってご存知ですか?

すごい綺麗で、観賞用の雑貨だったりインテリアとして飾られてたりしています。

 

f:id:Hikari_22:20180520190517j:image

▲うちにもウニの骨飾っています。

 

まさかウニのトゲトゲの中にこんな綺麗な骨があるなんて。

放射状の綺麗な模様に、カラフルな骨です。これ着色されてるわけじゃないんですよ。

我々が食べるウニはこの骨の中身です。

 

最近ではハンドメイドの素材としても注目浴びているみたいです。

どうやってこのウニの骨を手に入れるかというと、浜辺に打ち上げられたウニなどを漂白剤につけて、とげを抜いたりなんやかんやしたらできるみたいです。

 

でもそんなのめんどくさい、そもそもウニが打ち上げられるような浜辺近くにないし。

そんな方に朗報、京都のカフェでウニの骨買えます。

 

それが、ここ「ウサギノネドコ」です!

 

usaginonedoko.net

 

カフェと雑貨屋とホテルが併設されている複合施設です。 

というわけで、京都で朝焼肉食べた後行ってきました!

 

www.shioring.com

 


 

京都市営地下鉄の西大路御池駅から歩いてすぐ、道路沿いにオシャレな黒い町家が現れてすぐわかります。

 

カフェの内観はこんな感じで超おしゃれ

f:id:Hikari_22:20180520224247j:image

▲照明にもガラスに植物が埋め込まれており、自然美を表しています。 

 

カフェの机の下にもウニの骨が・・・!

しかもアクリル樹脂で固められたオシャレなやつ・・!

f:id:Hikari_22:20180520185614j:plain

 

このアクリル樹脂で固めたうにの骨は併設されている雑貨屋さんでも売ってました!

ウニの骨、見た目に反してもろく壊れやすいんですよね。

その点このアクリル樹脂で固めたウニの骨は観賞用にすごくよさそうです。

 

このウニの骨、ウサギノネドコさんに行けば実物を見て買うことも出来るのですが

ウサギノネドコのネットショップでも買えるみたいです。楽天にも出店しています。

 

【Unimaru】シラヒゲウニ/ アクリル / ウサギノネドコ / Sea urchin / ウニ殻 / アクリル / 棘皮動物 / インテリア / ギフト / 雑貨 / ビーチコーミング / 骨格標本 /

価格:10,778円
(2018/5/21 21:48時点)

そしてこのカフェは、ここだけの食べられる鉱物が名物ということ。

せっかくなので、ウニの骨を鑑賞した後に食べるのおすすめです!

 

食べられる鉱物?なんだそれっと思って、カレーとパンナコッタ注文してみました。

 

f:id:Hikari_22:20180520224351j:image

▲隕石をイメージした隕石カレー

 

f:id:Hikari_22:20180520224407j:image

▲アメシストをイメージしたパンナコッタ。奥には本物のアメシスト置かれてます

 

なるほど、本物の鉱物をイメージした、インパク大の料理ですね!

ただ、見た目だけでなく料理も美味しい!!

ちょっと甘めの本格カレーは入っているナッツの食感も美味しい。

パンナコッタは甘すぎず、ぶどうのゼリーで爽やかな美味しさ!

 

f:id:Hikari_22:20180520224853j:image

こんな感じで標本、鉱物、料理のディスプレイもされており

店内は本当に自然美を表現したものであふれています。

 

実は冒頭の部屋で飾っているウニの骨もここのウサギノネドコさんで購入しました。

 

あと写真は撮っていないのですが、バクテリオファージT2を刻印したガラス彫刻が売ってました。

だれがこれをみてウイルスってわかるんだよ!wって思いながらも、これみてウイルスってわかってしまうのバイオ系の出身者。

 

ちょっと欲しいなと思ったのですが、悩んで末に買わず。

でもちょっと後悔、次来たらやっぱり買おう。

 

▼ちなみにバクテリオファージってこんなのです。

バクテリオファージ T4 / Sola cube Micro / ウサギノネドコ / ソラキューブ / solacube / レーザー彫刻 / ミクロ生物 / ウイルス / ガラス / インテリア / ギフト / 理系インテリア / 顕微鏡 /

価格:6,458円
(2018/5/21 21:45時点)

 ネットでも買えるのか。。やっぱり悩むなぁ、、

バイオ系の研究者の方には絶対にウケる