しおりビルヂング

趣味ブログ。本を紹介したり、ガジェット紹介したり。マーケティング、投資、ビジネス、統計、数学についても解説したりもします。

Apple watchのSiriで電気をつけるようにしてみた!【HomeKitでスマートホーム化】

Alexaやgoogle homeなどのスマートスピーカーの登場で、最近一気にスマートホームが盛り上がってきましたね!

でもスマートスピーカー持ってないし、せっかくなら持ってるiPhoneApple watchのSiriで制御したいと思ってました。

というか常に身につけているApple watchで電気つけたいというのが今回の一番の目的です。

 

AppleのHomeKitで、Siriでコントロール出来るようになるのですが、中々対応の機器が少ないとか、高いとかありましたが。

今回スマートコンセントを購入したので、レビューしていきます〜!

 

リビングのテレビ周りに現在間接照明を3つ設定しているのですが、それぞれが独立のスイッチで一つ一つスイッチを入れないといけない上に、わざわざテレビの裏まで手を回すのが面倒で。。。

なんとかソファーの上からこれらをコントロールできないかチャレンジしてみます。

スマートホームって?

スマートホームは家電とか鍵とか照明とか、家の中にあるあらゆるものをネットに繋げて統合したり制御したりして、遠隔での操作や自動化が出来たりするシステムのことですね!(合ってる?w)

いわゆるIoTですよ。

具体的には、TV CMみたいにgoogle homeに「テレビつけて!」とかAlexaに「電気つけて!」とか音声でコントロールしたり

家の鍵がちゃんとかかってるかスマホで確認して、スマホで解錠したり

外出中でスマホからエアコンつけて、帰宅時は冷えて快適〜とか

そういうやつです。

 

HomeKitとは

f:id:Hikari_22:20180424225841j:plain

 

ホームアプリケーションを使えば、自宅にあるHomeKit対応アクセサリのすべてを
簡単かつ安全にコントロールできます。iPhone上のSiriに頼んで照明を消したり、
iPadで玄関の前にいる人を確認したり。Apple TVで離れた場所から様々なものを
操ることもできます。ホームアプリケーションは、接続されたあらゆるアクセサリを
より賢く機能させ、あなたを一段としっかりサポートできるようにします。 

Appleのサイトではこのように説明されてますね!

つまり、AppleiPhone, iPad,Apple TVからスマートホームを制御しよう!っていうコンセプトですね。上記の説明にはありませんが、Apple Watchからも制御できます。

問題点はHomeKit対応の機器が少ない!まじで少ない。

 

スマートコンセント買ってみた

スマートコンセントは、遠隔でコントロールできるコンセントです。出来るのは基本的にオン、オフです。(なのかな?w

なので常に電源入れっぱなしの機器を、コンセントでon/offをコントロールするイメージです。照明とかと相性良いです。

Amazonでスマートコンセントで調べるといっぱい出てきますが、今回の目的はApple Watchで制御することなので、HomeKit対応じゃないとだめです。

そこでAmazoで「スマートコンセント HomeKit」で調べて、評価なども一通りチェックして、良さそうな↓買いました!

 

 

 

 HomeKit×スマートコンセント設定してみた

Amazonでポチって翌日に届きました。今回はリビングの3つの照明をSiriでコントロールします。

 

この3つの照明は間接照明で、映画見るときとかつけるのですが一々、それぞれをテレビの裏に手を伸ばしてスイッチをon/offするのがほんとめんどくさい。

なのでこの3つを同時に制御できるようにします。

このスマートコンセントコンセントは3ピンのコンセントなので、変換プラグも必要。

なので同時に以下の変換プラグと3個口の電源タップも同時購入

エレコム 電源タップ 変換アダプタ 3ピン→2ピン アース付きコンセント T-H32

サンワサプライ 雷ガード 電源タップ 2P 3個口 TAP-SP206

 

f:id:Hikari_22:20180425071041j:imagef:id:Hikari_22:20180425071046j:imagef:id:Hikari_22:20180425071052j:image

 

 これをこんな風に合体させて、それぞれの照明のコンセントを接続!

配線が汚いのは見逃してくださいw

これで次はiPhone側から設定します。

まずwi-fiの接続画面で、これに接続します。

f:id:Hikari_22:20180425221049j:image

他のレビューとか見てると、iPhoneも2.4GHz帯に接続しないといけないと書いてましたが、5GHzのWi-Fiに接続したまま、このコンセントのwi-fiに接続できました。

 

これをwi-fi接続したらほとんどおわりです。次にホームアプリを起動します。ホームアプリからアクセサリを追加を選んで、HomeKit設定コードを使用を選択するとカメラが起動するので、コンセントに貼ってある設定コードを読み取ります。

 

f:id:Hikari_22:20180425221608j:image

 

これで設定は終わりです!

これだけで、iPhoneから電源をon/offの制御はできるようになりました!

あとはタイプをライトに設定して、Siriで「電気つけて」と言うだけ。。。

 

実際にApple WatchのSiriから電気をつけてみる

↓の動画で実践してます!

 


この動画のように実際にApple WatchのSiriで照明をコントロールできました。

これで、わざわざテレビの裏まで電源3つのスイッチを入れなくてもソファーの上からコントロールできるようになりました!!!

 

 まとめ

HomeKit対応のスマートコンセントを使えば、Siriから電気をつけたり消したりするようにできました!

スマートホーム化の第一歩です。ゆくゆくは家の電化製品を全部スマート化できるといいですね。

Siriで照明をつけてみたいと思っている方は、この記事を参考にしてみてください!