しおりビルヂング

趣味ブログ。本を紹介したり、ガジェット紹介したり。マーケティング、投資、ビジネス、統計、数学についても解説したりもします。

会計を手軽に理解するための一冊

会計って難しい。。
複式簿記とかPLとかBSとかCSとか利益剰余金とか専門用語も多いし!
 
とくに自分は仕事でマーケティングやフレームワーク・論理的思考とか言われる奴とか戦略立案も良く使います。
なのでその辺りは多少勉強しているのですが、会計はあまり勉強してきませんでした。
 
というのも仕事であまり使わないんだよねー
 
しかし株式投資をしていると投資している会社の決算書を読まないといけない!
今までフィーリングで決算書見ていましたが、以下の本を読んで多少会計に知識が付きました。
 
決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法 朝日新書

決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法 朝日新書

 

この本はtwitterでkindle版が安くなってるよ!と流れてきたので思わず買っちゃいましたが

本当に良書だと思います。
 
この本は財務3表(PL,BS,CS)の横の繋がりを常に意識しながら
一つ一つの取引について、常に2つの側面から見て帳簿を作り上げていきます。
 
第3章の、具体的に会社を立ち上げたとして、その会社活動の取引について
具体的に帳簿に記帳していくところは本当にわかりやすいです。
 
具体的に新しく立ち上げた会社の以下の取引や資金の動きについて、丁寧に記帳の仕方を解説してくれます。
資本金、事務用品の購入、固定資産の購入、外注、創立費、仕入れ、売却、在庫、借り入れ、買掛、売掛、買掛の支払い、売掛の回収、役員報酬、発送費、利息、借り入れの返却、減価償却、法人税、配当
 
株式投資に約に立てようと、本書を読んだのですが
この本は、普段の仕事についても役に立つなと思いました。
 
特に日々の仕事でなんでこんな面倒な処理しなくちゃいけねーと思ってたことや
減価償却なんてめんどくせーとか思ってたことも
本書を読んで納得出来ました。
 
もちろん株式投資にも十分に役たちそうです。
 
ちょうどこの本を読み終わった時に、保有株のイーグランドが決算発表でした。
なのでこの本で得た知識で決算書を読もうとおもってたのですが
決算書の内容より、株主優待の廃止で株価爆下げして悲しいです。。。