ライフスタイル

エクセルで座標から角度を求める方法

エクセルで角度を求める

この記事では、原点0から任意の座標(X1, Y1)を結んだ線とx軸との角度をエクセルで求める方法を解説していきます!

f:id:Hikari_22:20160222212220j:plain

▲この角度θをエクセルで求める方法です。

実際にマーケティングの分野でも角度を求めることができれば、原点からの距離と角度で順位付けできたりするので、便利になりますよ!

実際に、角度計算を活用するマーケティング関連記事もチェック!

エクセルでできる!改善すべき点を明らかにするCS分析の解説! CS分析って活用していますか? なんだか、計算とか解析とか複雑そうで、なかなか活用できていないのではないですか? ...
座標を回転させて、CS分析の改善度指数を求める【エクセルできる!】 以前の記事でCS分析を用いて改善すべき点を明らかにする方法を解説いたしました。 https://www.shioring...

求めたい角度とエクセルでの数式は?

原点0から任意の座標(X1, Y1)を結んだ線とx軸との角度の求め方はとっても簡単です。

エクセルのセルに以下の数式を入れると求められます!

=degrees(atan2(X1,Y1))

しおりんぐ
しおりんぐ
これで、このページに来た人の課題はおよそ解決したのでは?

この先は、この数式の解説です!
興味ある人はぜひ読んでね。

atan関数とはtanの逆関数

エクセルのatanやatan2関数とはarctan関数の数値を求める関数です。
arctan(アークタンジェント)とは、tan(タンジェント)の逆関数。

タンジェントは皆さん高校で習うと思いますが、アークタンジェント関数は理系の大学に行かないと学ばないので知らないかもしれませんね

▼タンジェントの逆関数で何故角度が求められるかは下の図を見るとわかりやすいと思います。

f:id:Hikari_22:20160222212303j:plain

エクセルのatanは入れた数字に対して、角度を返してくれます。

そしてatan2は座標を入れると自動的にx,yのベクトルとx軸の角度を返してくれます。
とても便利な関数!!

しかし!この関数で求められる数値はラジアンという単位です。
見慣れた度の単位に直すためにdegrees関数を入れます。

すると例えば45°のような、馴染みのある角度の数字に変換してくれます。

ちなみに余談ですがsin,cosの逆関数はarcsin(アークサイン),arccos(アークコサイン)です。
かっこいいね!

実際に求めてみよう

X=2, Y=2のときの角度を求めてみましょう。

これはエクセル使わなくても、45度って直感でわかりますね。
直角二等辺三角形になります。

直角二等辺三角形になります。

f:id:Hikari_22:20180421193327j:plain
▲このように座標から、角度を求めることができました!

(ちなみに上記の画像はエクセルじゃなくてMacの表計算アプリのNumbers使ってますが、エクセルでも同じです)

以下の記事では実際に、座標の角度を求めて順位付けを行うマーケティングリサーチの方法解説しています!

エクセルでできる!改善すべき点を明らかにするCS分析の解説! CS分析って活用していますか? なんだか、計算とか解析とか複雑そうで、なかなか活用できていないのではないですか? ...
ABOUT ME
しおりんぐ
京都大学→大阪で会社員してます。 旅行とガジェットが好き。Apple信者でもあります。 詳細なプロフィールはこちら!